美濃源氏とは

清和天皇

平安時代前期の第56代天皇
嘉祥3年3月25日(850年5月10日) ~ 元慶4年12月4日(881年1月7日)
在位は天安2年11月7日(858年12月15日) ~貞観18年11月29日(876年12月18日)。
後世、武門の棟梁となる清和源氏の始祖。

清和源氏とは第56代清和天皇を祖とする皇胤が源(みなもと)姓を賜り成立し、 
   源 頼朝以来、武家政権の主催者の血族として栄えてきた一族。

もっとも栄えたのは第六皇子 貞純親王(さだずみしんのう)の子、
六孫王 源 経基(みなもとの つねもと)の子孫の系統である。

中級貴族であった経基の子、源 満仲(みなもと の みつなか・多田満仲)が、
藤原北家による摂関政治の確立に協力して、武門の地位を築き、
摂津国川辺郡多田庄(兵庫県川西市多田)の地に武士団を形成した。

源 満仲の子 源 頼光( よりみつ)、 源 頼親(よりちか)、 源 頼信(よりのぶ)も、父と同様に藤原家に仕えて勢力を拡大し、
後に河内源氏が、源 頼義( よりよし)、源 義家( よしいえ)父子の代に 東国の武士団を支配下に置いて
武家の最大勢力となり、源 頼朝の代に鎌倉幕府を開き、武家政権を確立した。



美濃源氏とは、美濃国に土着し本拠とした源氏の流れを汲む一族の呼称である。

◎清和源氏頼光流 土岐氏族

最も著名な美濃源氏の一族であり、平安時代に摂津源氏の源 国房( くにふさ)が 美濃国厚見郡鶉郷(現、岐阜市南部)に土着したことに始まる。
河内源氏とは、源 国房と源 義家の抗争に始まり、数世代に渡って衝突を繰り返した。

鎌倉時代になると、国房の流れを汲む土岐光衡(とき みつひら)が鎌倉幕府の御家人として、 美濃国土岐郡(現、岐阜県南東部一帯)を領有した。
南北朝時代には、土岐 頼貞・頼遠父子が北朝方として室町幕府の創設に貢献し、 頼遠の跡を継いだ土岐頼康は、美濃、伊勢、尾張の3ヶ国守護となった。
以降、各地に支流氏族(金森氏、浅野氏、明智氏、明智氏、石谷氏、蜂屋氏、多治見氏、蜂屋氏、原氏、肥田氏など)が広がり、
応仁の乱では、山名氏、大内氏、一色氏らと共に西軍の主力を形成し各地を転戦した。
しかし、戦国時代後期に長井氏や斎藤氏を乗っ取った斎藤道三の下克上により、守護大名の座を失った。 

◎清和源氏頼光流 山県氏族

平安時代後期に摂津源氏源 頼綱の弟 源 国直( くになお・山県三郎、美濃三郎)が、
美濃国山県郡(現、山県市)に住んだことに始まり、
子孫は山県氏族として美濃に勢力を持った。

◎清和源氏満政流 八島氏族

平安時代中期に清和源氏の源 満仲の次弟である源 満政( みつまさ・八島大夫満政)が、
美濃国方県郡八島(現、岐阜市北部)に住んだことに始まり、
子孫は八島氏族として美濃に勢力を持った。



このように、
源義家・義綱と争った源 国房・光国

保元・平治・治承・寿永の乱を戦った源 光保・光長・光衡

足利一族を支えた土岐 頼遠・頼康・成頼

又、金森氏、浅野氏、明智氏、石谷氏、多治見氏、蜂屋氏 など

    著名な人物も美濃源氏 なのです。



©2017美濃源氏フォーラム